普段の生活や趣味の話

修論が進まな過ぎてやばい。苦しい。辛い……。そんな方へ向けて

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。

年末年始から2月に掛けてのこの時期は、
卒論や修論などのプレッシャーが重くのしかかってくる時期ですよね。

1年前の苦い記憶が蘇ってくる……

修論が進まなすぎてやばい。苦しい。

そんなときにどうすればいいのか。

少しでも、卒論/修論のプレッシャーに押し潰されそうになっている皆さんの助けになれたらと思い、
1年前の記憶を思い起こしつつ記事にまとめてみました。

こんなバカでもなんとかなったんだ。多分大丈夫だろう

そんな風に思って頂くことで少しでも皆さんの心が軽くなれば幸いです

修論が進まなすぎて辛い…やばい…


まずは結論から…。

すみません。

希望を求めてこのページに辿り着かれた方にはすごく申し訳ないんですが…。
結局のところ修論やばいなら書くしかないです。

「んなこたわかってるけど書けないからやばいんだよ」

そうなんですよね。
わかってはいても手が動かないんですよね。

私の場合はワードや各種資料が開けませんでした

去年の話ですが、研究室に寝泊まりする生活はしていたものの、
修論執筆なんてろくろくできないままただ無駄に時間を送る生活を繰り返していました。

書けないことはないんですよね。

それぞれの研究内容によるかとは思いますが、私の場合は研究グループで続いてきていた研究だったので、
緒言なんかは今までの投稿論文とかから色々持って来ればなんとか書けることは理解してたんです。

でも、どうしてもやる気が起きない。

ただ無駄に時間だけが過ぎて朝になって自己嫌悪に陥る。

当時は、何してんだろう俺……と毎日考えていました

論文にするほどの研究成果なんか出せてない…

修論が進まなかった要因の1つはこれです。

ぶっちゃけ私は修士2年間でなんの成果も残せてないです。

私は情報工学を専攻していたんですが…。

私の研究なんて、今振り返ってみればやる人がやると1週間で終わる内容のソフト開発でした。


今でこそ笑い話でしかありませんが、
当時は「こんなんで論文書いても通らないだろ……修了無理ゲー…」

常に頭の中にはそんな気持ちがありました。

現実逃避に必死


現実逃避。どういうことかと言うと…。
私の場合はyoutubeずっと見てました。

研究室に24時間居たとして…。
他の人がいなくなったらほぼずっと現実逃避に時間を充ててたと考えると…。
22時〜7時くらいまでずっとyoutube見てたのかも…。

もうマジで何しに研究室行ってデスクに向かってんのかって話ですよね

当時は、なぜ作業に取り組めないのかということすら考えることができていませんでした。

結局のところ自分にはサボり癖があって、ただサボってるだけなんだろう

としか思っていませんでした。

そして自己嫌悪に陥って、どんどん駄目になっていく悪循環

どんどん悪い方向に堕ちていくと、
駄目な方向でしか本当に何も考えられなくなるんですよね。

  • 修論を書いたところで通らないかもしれない
  • 今年修了できないかもしれない
  • 院を中退したらどうなるんだろう
  • 不甲斐なさすぎて親に申し訳ない
  • 修了できなかったら内定ってどうなるんだろう
だいたいこんな感じのことを考えてました

そんななんの生産性もないようなことを考えるくらいなら、
1字でも10字でもいいから書けばいいって話なんですけどね。

ただ、そのときはそんなことを考えている時間が、
ただただ心が落ち着く時間だったんです。

スポンサーリンク

修論で悩んでいる方へ

残念ながら、
修論を進めるために私から皆さんにアドバイスできることはありません。
ごめんなさい。

最初にお伝えしたように、
結局のところは書くしかないというのが現実です。

そもそも、ここまでお伝えしてきたことからもお分かり頂けるように、
私は修士としてはかなりクズな部類なので偉そうに言われても…って話だとは思いますが(苦笑)

ただ、そんな私でもなんとか修論を通して今こうして記事を書いています。
こんなやつでもなんとかなるんですから、きっと皆さんも大丈夫です。

結論がそれだけだとここまで読んで下さった皆さんに申し訳ないので…。

皆さんに対して直接的なアドバイスはできませんが、
当時私が心の拠り所にしていたことをお伝えしようかと思います。

希望にしていた言葉

修士2年の頃、以下の言葉が私を支えてくれていました。

  • 駄目な修士残すと却って面倒くさいから追い出すために指導教授側も意地でも通してくれる
  • 修士は努力賞(研究成果がなくても大丈夫)

ネットで見たものなので、どちらもネットで調べれば出てくる言葉のはずです。

前向きというよりはどちらかというと後ろ向きな言葉ではありますが…。

この言葉を活力としてなんとか修論に向かっていました。

ただ、1個目はともかく2個目の方はちょっと微妙で…。

努力賞がもらえるほどの努力を自分がしていたとは思えない。

せいぜい参加賞がいい所なんじゃないだろうか…としか考えられませんでした。

それでも結局最後には通っているわけなので、
参加賞程度の2年間でも案外なんとかなるものみたいです。大丈夫です。

図書館で過去の修論を調べる

めっちゃ後ろ向きな内容になりますが…。
過去の偉大なる先輩方が残してくれた修士論文が図書館には大量にありますので…。

駄目院生の私から見てすらボロボロな修論を探して読んでいました。

我ながら陰気な性格過ぎてドン引きするが…

大学のレベルにもよるのかもしれませんが、
私のところの場合、

「これは幾ら何でも酷い…。卒論未満……レポートとしてすら…??」

そんな修論も幾つか…(苦笑)

この程度の研究内容と論文で通るなら俺のだってきっと通る!!

どうしても心が折れそうになったときは、
図書館でそんな風に自分を奮い立たせていました。

ここで間違って、博士後期課程に進むような方の論文を手にとってしまうと逆に心が折れてしまうので注意が必要です(笑)

ネットで検索

正直おすすめはしません
できることならやらない方がいいです。

ただ、少なくとも当時の私の心は多少なりと救われた方法です。

同じように悩む人って日本中探せば絶対に何人かはいるもので、
私と同じように修論が進まなくて辛いと感じている人もやっぱりいたんですよね。

そんな人をインターネットで探しては、
ひっそりと共感して自分の心を慰めていました。


当時の私のスマホの検索履歴を再現したら多分こんな感じです。
深夜1人になるとこんなことばかり調べちゃうんですよね。

最終的に私が行き着いたのは、
2ch(今って5chなんでしたっけ)のダメ院生スレです。

ネガティブ、負の塊のような場所ではありましたが、
苦しいのは自分だけではないということがわかって心強くなりました。

まとめ

本日は修士論文が進まない/辛い/やばい/無理

そう悩んでいる方に向けて、
こんなダメなやつでもなんとかなったんだからきっとなんとかなる!

そのように思って頂ければと思い記事にしてみました。

正直自分としても大学院の2年間はあまり良い思い出ではないので、
ある種の黒歴史といいますか…。

振り返ると色々と嫌なことも思い出すので気は重かったんですが…。

記事にして当時を振り返ってみた結果、
ほんと駄目なやつだなぁと我ながら思います(苦笑)

皆さんの研究成果や取り組みの姿勢についてはわかりませんが、
間違いなく私よりは皆さんの方が修士として努力されています!

こんなやつでも何とかなったんだからなんとかなる。
そのように少しでも自信を持って、心を奮い立たせて乗り切りましょう。

今は本当に苦しい時期だとは思いますが、
喉元過ぎればなんとやらとも言いますように、
修論提出しちゃいさえすればこっちのもんです。

力になることはできませんが、
皆さんが無事修了できることを心よりお祈りさせて頂きます。

スポンサーリンク

応援よろしくお願いします!(*・ω・*)

応援よろしくお願いします!(*・ω・*)

おすすめ記事

-普段の生活や趣味の話

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.