勉強 糖質制限ダイエット

低糖質!低GI! GIってなんなの?簡単に説明します

投稿日:2017年12月24日 更新日:

Pocket

おはようございます。
本日で糖質制限256日目になります。

今日は巷でよく見かける、
GIという言葉について説明したいと思います。

低糖質と並んでよく見かけるんですよね。
低GIって言葉。

多分健康的でダイエット向きってことなんだろうけど…。
一体どういう意味があって糖質とは何か関係があるのか??

スポンサーリンク

GI値とは??


まずGI値に関する説明を簡単にします。

GI値とは見ての通りなんですが、
読み方は"ジーアイチ"でいいみたいです。

Glycemic Index(血糖指数)という言葉を省略したもののようですね。

おっと??

血糖という気になる言葉が登場してきましたね。
これはどうやら糖質制限とも関係がありそうな雰囲気です。

GI値の意味

ずばりGI値がどういう値を示しているのかというと、

食後の血糖値の上昇の激しさを示しています。

GI値が高いほど食べた後の血糖値上昇がすごいってことですね。
逆にGI値が低い低GIな食べ物は血糖値の上昇が緩やかということになります。

低糖質ってどういう意味?

それでは逆に低糖質とはどういう意味なのでしょう?

もちろん、食品に含まれた糖質が少ないという意味なんですが、
それはつまり食後の血糖値の上がり幅が少ないことを示します。

なぜなら血糖値を上げているのは他ならぬ糖質の存在なので、
糖質がそもそも少ない低糖質食品は食べても血糖値があまり上がらないわけですね。

スポンサーリンク

低GI食品と低糖質食品は同じ??

それでは低GI食品と低糖質食品は同じものなのでしょうか??

それは違います。

どう違うのかと言うと、
低糖質食品はそもそも糖質の量が少ないのに対して、
低GI食品は糖質自体はしっかりと含んでいます

つまり低GI食品中心の生活に切り替えたとしてもそれは糖質制限とは言えません

肥満の原因となる糖質の摂取自体を防がなければいけないので、
低GI食品だけではダイエットにするのは難しいというわけですね。

ただ、血糖値の上昇が緩やかになるので、
低GI食品は普通の食品と比べると幾分か健康的ではあります。

血糖値の上昇が緩やかということはつまり、
体に対して過剰な負荷が掛からないので血管へのダメージなどが抑えられるためです。

どんな食べ物が低GIなの??

一般的にGI値が低い食べ物の特徴として色が茶色系統であることが挙げられています。
逆に白い物はGI値が高いと言われています。

具体例で考えてみますと…。

一番わかりやすいのが糖質制限者の天敵であるです。

精白米などの白色のお米は高GIな食品です。
逆に昔から健康的と言われる玄米などは低GIな食品になります。

ここで先ほどの話に戻るのですが、
上記の例を見ていただくとわかるように低GIな食品に米も含まれるんです。

糖質制限中だけど玄米なら低GIだから大丈夫!

なんてことにはなりませんよね?
玄米がいくら比較的健康に良いとは言っても米であることに変わりはありません。

つまり低GI食品だから糖質制限中でも食べられるというのは大きな間違いです。

その他の食べ物のGI値比較はこんな感じです。

高GI 低GI
精白米 玄米
パン 小麦全粒粉パン
うどん そば

余談ですが、
糖質制限の天敵その2であるじゃがいもも高GI食品に分類されるようです。

まとめ

本日は最近よく見かけるGIという言葉についてまとめてみました。
糖質制限をしているとよく耳に入ってくる低GIという言葉ですが、
意味を調べてみると、確かに糖質制限に関連はしているものの結局は糖質を含んでいる食品です。

糖質制限中でも低GI食品なら食べられるは大きな間違いです!

勘違いして玄米などを食べすぎたりしないように注意しましょう。

また、どうしても米を食べなければいけない場面に遭遇してしまったときなどは、
なるべく低GIなものを選択するのが良いと思われます。
高GIなものより健康的であることには間違いありませんし(笑)

スポンサーリンク

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.