勉強 糖質制限ダイエット

糖質制限者必見!糖類0と糖質0と低糖質と糖質オフの違いって??

投稿日:2017年12月11日 更新日:

Pocket

おはようございます。
本日で糖質制限243日目になります。

今日はよくスーパーで見かける糖質制限者用の表記についてまとめてみたいと思います。

糖質制限中のお菓子とかによく書かれていると思います。
糖類ゼロ! とか 低糖質! とか。

これらの違いってご存知ですか?

よくわからないままに、
低糖質ならいいやー!とついつい購入して食べてしまう人もいると思います。

違いについて簡潔にまとめてみましたので、よければご参考下さい!

スポンサーリンク

糖質制限者向けの表記


糖質制限者の方に向けた表記としてこんなのがありますよね。

  • 糖類0(無糖・ノンシュガー・シュガーレスなど)
  • 糖質0
  • 糖類オフ
  • 低糖質
  • 砂糖不使用

無糖と砂糖不使用って同じじゃないの??

なんて疑問が沸くかもしれませんね。
(私も以前は違いが全然わかりませんでした)

それぞれの意味について紹介します。

糖類0(無糖・ノンシュガー・シュガーレスなど)

糖類0というのは単糖類・二糖類が含まれていないことを指します。
なんて言われても、私にはよくわかりませんのでもう少し簡単に言うと…。

砂糖が使われていないものです。

厳密にいえばかなり端折っていますが、
糖質制限食品に関して言うならこのくらいの認識でいいんじゃないかと思います。

しかし、人工甘味料に分類される糖質が砂糖の代わりに使用されています。

例えば、今手元にたまたまあったこのチョコレート。

砂糖ゼロ・糖類ゼロ・ノンシュガー と書かれていますね。

では裏面はどんな表示になっているのか……というと?


糖類は確かに0gですが糖質は3.9g含まれていますね。
成分表示を見た限り、アスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料が確かに使用されています。

このように糖類ゼロという表示はあくまで砂糖などが少ないことを示しており
代わりに甘味料として糖質が使用されていることがほとんどです。

糖質0

糖質0は糖類0よりも更に広い意味になります。
糖質という分類になると人工甘味料なども含まれますので、
この場合本当に甘味料が使用されていません。

もっとも糖質0なんて記載されているお菓子とかスイーツあるんでしょうか。
見たことないような気がしますが……。

糖質(糖類)オフ

糖質と糖類の違いについては上述した説明をご覧ください。
オフという表記についてです。

たまに飲食品のパッケージに見かけますよね。
糖質○%オフ みたいな。

あれは要するに、他の製品と比較してどのくらい糖質が抑えられているという話です。

なので極端な話、100g中に糖質が80g含まれる食品があったとして、
同じ種類の食品で100g中に含まれる糖質が40g以下だった場合は50%オフと言えるわけです。

したがって、何%オフという表記はあまり信じずに、
実際に糖質がどのくらい含まれているのかをチェックする方が重要ですね。

低糖質

低糖質という言葉についてはしっかりとした基準は設けられていないようです。
つまり販売する人が適当に低糖質と言ってしまっても問題ないわけです。

そんな怖い話もないですよね。
低糖質という表記の商品の購入に迷った場合はしっかりと糖質量の確認を行うようにしましょう!

スポンサーリンク

砂糖不使用

砂糖不使用って書いてるんだから砂糖は使ってない
だったら糖質制限中でも安心

そうではありません。

この表記はあくまで砂糖が使われていないことを示す表記であり、
乳糖や果糖などの糖類が使用されている可能性があります

なので糖質制限中にはあまりあてにならない表記です。

糖質制限中におすすめなのは糖類ゼロ?糖質ゼロ?

さて、糖質制限向けに記されている表記についてお伝えしましたが、
糖質制限中に気にした方がいいおすすめの表記はどれなのか?

答えはズバリ糖質ゼロです。

糖質制限なんだから糖類じゃなくて糖質を制限した方がいいです

ただしかし、糖質ゼロという言葉にこだわってしまうと、
低糖質なスイーツやお菓子を食べる機会はほとんどなくなってしまいます
(基本的には糖類が抑えられた食品なので)

個人的にはそれではストレスが物凄く溜まってしまうので、
糖類ゼロのものならいいかなと思って食べるようにしています。

ゼロという定義について

最後に、糖質ゼロや糖類ゼロという定義についてです。

定義とか難しいこと急に言われても…。

って感じかもしれませんが、そんなに難しい話ではないので多分大丈夫です。

糖類と糖質に関するお話はさせていただきましたが、
糖類ゼロとかの"ゼロ"ってどういう意味なんでしょうか?

ゼロってことは入ってないってことじゃないの??

と思いますよね?
(私は思ってました)

違います。

実は糖類0や糖質0というのは、
100g中に含まれている糖類(糖質)が0.5g未満であることを示します。

つまり、ちょこっと糖質が入っていても0.5未満ならゼロって言っちゃえるわけです。

「ええええええー 詐欺じゃん!!」
って感じですよね(苦笑)

実際はそうなっているわけです。
まぁ含まれているといってもどのみち少量なのであまり気にする必要もないとは思いますが。

まとめ

本日は糖質制限の方向けの食品などに記載されている、
糖類ゼロ、糖質ゼロ、糖質オフなどの表記の違いについてまとめました。

低糖質や砂糖不使用なんて書かれているからって安易に購入して食べたりすると危ないですね。

しっかり飲食品を購入する前には栄養成分表示を確認する習慣をつけるようにしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.