勉強 糖質制限ダイエット

MEC食は禁止事項のないダイエット?本当に?

投稿日:2017年7月23日 更新日:

Pocket

おはようございます。
本日で糖質制限102日目になります。
今日はMEC食ダイエットの特徴についてお伝えします。
普通のダイエットとMEC食ダイエットには決定的な違いがあります。
そしてその違いこそが、MEC食を提唱されている渡辺先生の考えです。

MEC食が普通のダイエットと違う点

みなさんは、カリギュラ効果という言葉をご存知でしょうか?
心理学の用語の1つで、禁止されたらやりたくなってしまう心理状態を指します。
例えるなら、決して開けてはいけない箱と説明されたら、つい開けたくなってしまうような感じですね。
この心理って、ダイエットにも非常に関連していることにお気づきでしょうか?
世に広まっているダイエットに取り組まれている方なら、すぐに察しがつくかもしれませんが…。
"食べすぎてはいけない"
"カロリーを抑えなくてはいけない"
"甘いものを食べてはいけない"
このように、世のダイエットは
"○○してはいけない"
という制限事項で溢れかえっています。
しかし、これでは先ほど申したカリギュラ効果が働き、
ダイエットが徐々に苦しくつらいものへと変化していきます。
やってはいけないと頭で思いながらも、気持ちの上では我慢ができなくなるほど求めてしまうのだから、精神的な負担はすごいですよね。
つまり、何か禁止事項や制限事項が設けられたダイエットはカリギュラ効果によってダイエット失敗に繋がる。

MEC食のルール

では、MEC食にはそうした禁止事項やルールはないのか?
MEC食について改めて考えたいと思います。
MEC食のルールは、以下の2点のみです。

  • 30回噛んでから飲み込む
  • 肉・卵・チーズの基準量をまず摂取する

ご理解いただけましたでしょうか。
渡辺先生は、敢えて禁止という説明の方法を避けているわけです。
恐らく、カリギュラ効果について考えられていなかった場合、
これらのルールはこのように説明されていたのではないでしょうか。

  • 30回噛まずに飲み込んではいけない
  • 肉・卵・チーズの基準量を摂取せずに他の物を食べてはいけない

確かにこのように書かれると、ダイエットのハードルが少し上がるような感じがしますね。
こうしたことを避けるためにもMEC食では、
肉卵チーズ以外の物を食べても良いとされています。
その代わり、肉卵チーズを食べた後にというルールになっていますが…。

本当に禁止はないのか?MEC食に対する疑問

ここまでのことを踏まえた上で、MEC食に対する疑問があります。
先ほど書いた内容と類似するのですが…。
30回噛んで食べる(カムカム30)って結局は禁止事項なのではないかと。
甘いものが食べたかったら肉卵チーズを食べた後、というのも言ってしまえば禁止事項なのではないかと。
知人友人にMEC食を勧める際に、
「MEC食には禁止事項はないんだよ~」
と説明するたびに自分の中で、
(いや。でもMECのルールって逆に考えたら禁止事項だよな……)
なんて疑問が沸々と溜まっていました。
単に考え方や意識の問題なんでしょうか。
まぁでも確かに、元々心理学の考え方から取り入れられたルールであるのなら、
MEC食を実践する人の意識次第で変わるとしてもおかしくはないのかもしれませんね。
確かな答えはわかりませんが、
個々の意識や考え方の問題なんだろう、と納得しておくことにします。

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット
-, ,

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.