勉強 糖質制限ダイエット

ダイエットと食事の時間帯は関係ない?何時に食べても太らないって本当?

投稿日:2017年7月16日 更新日:

Pocket

こんばんは!
ゆるゆる糖質制限ダイエッターの翔(@diet_fighter03)です

今日は、食事のリズムについてお話しようと思います。

食事のリズムと聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?
うし君
朝ごはん、昼ごはん、夕ご飯…みたいな3食のことでしょ??

そのとおりです。
本記事では3食規則正しく食事を摂る必要はないことについて説明させて頂きます。

うし君
ええ?? そうなの…??

今回の記事はこんな疑問やお悩みをお持ちの方に向けて書いています!

  • 不規則な食事のリズムは健康やダイエットに悪そう…
  • 夜寝る前に食事をしたりすると太りそう…
スポンサーリンク

何時に食べても太らない!規則正しい食生活に意味はない?!

一般的に広く言われている規則正しい食生活というと、

  • 朝食:6~9時
  • 昼食:11~13時
  • 夕食:18~21時

このような時間をイメージされるんじゃないでしょうか??
このくらいの時間に従って食事を摂ることが、
正しい食事のリズムであると説明されており、私も学校でそのように教えられました。

しかし、糖質制限を実践するときにダイエットについて調べたんですが、
どうやら規則正しい食事とダイエットはなんの関係もないということがわかりました。

つまり、朝ごはんを抜いたり1日1食夜だけガッツリ食べるという食事方法でも、
問題なく健康的にダイエットを実施できるということです。

うし君
今までの常識と違いすぎてちょっと信じがたい……

食事のリズムが重要視される理由

まずは、これまでなぜ食事を摂る時間帯・リズムが重要視されてきたのか調べてみました。

1日2食以下にすると「エネルギーを充足したいという脳の作用から、1回の食事量が過剰になる。力士などは身体を太らせるためにあえて食事の回数を減らすことがあるが、一般の人は3食が理想だ」と強調する。
(食事はなぜ1日3回? 食のリズムと健康の深い関係)
人は脳活動の栄養源であるグリコーゲンを1日当たり約120グラム必要としている。だが、肝臓で作られるグリコーゲンは1回の食事で最大60グラムが限度で、5~6時間しかもたない。食べ過ぎないで1日2食を実践したとしても、グリコーゲン不足になる可能性がある。
(食事はなぜ1日3回? 食のリズムと健康の深い関係)

どうやら、1日3食規則正しく食べるべきである理由は、
エネルギーが不足した結果、食べすぎたり疲労感を覚えたりするからのようです。

うし君
ご飯を食べないと元気が出なくなっちゃうからちゃんと食べましょうってことかぁ…

1日3食規則正しく食事を摂るべきである理由

  • 空腹による過食に繋がる
  • エネルギー不足による疲労感や倦怠感に繋がる

空腹による過食

うし君
確かにお腹ぺこぺこだと食べすぎちゃうかも…

たしかに空腹の状態であれば食べ過ぎてしまう可能性は高いですね。

空腹というのは体が栄養の不足を訴えている状態です。

つまり、必須栄養素であるタンパク質や脂質さえ抑えた食事をしておけば、
食べすぎることなく空腹感を満たすことができるんです。

しかし、ここでご飯やパンなどを空腹のままに食べ過ぎてしまうと、
体が求めている栄養素は摂取することができないまま炭水化物だけ体の中に蓄積されていきます。

そうした食生活を送っているとあっという間に太ってしまいます。

また、いっぱい食べればたしかにお腹はいっぱいになるのですが、
時間を掛けてゆっくりと食べることでもお腹は案外膨れるものです。

例えばコース料理とかをイメージしてみましょうか

1品1品はそんなに量がないにも関わらず、
料理が全部でてくる頃にはかなり程よくお腹が膨れていた…。

うし君
言われてみればコース料理頼むと毎回そんな感じかも…

実は、食べ物を口にしてから、
脳に「もう満腹だよ〜」と伝えられるまでには20~30分ほど掛かるとされています。

したがって、身体としては満腹な状態であっても、
脳がそれを認識するまでは満腹感がないので食べ続けることができてしまうんですね。

うし君
ゆっくり食べた方が良い理由ってそういうことだったのか〜

エネルギー不足による疲労感や倦怠感

うし君
エネルギーが不足していると疲れちゃいそう…

脳が空腹感を覚えるのは、
必要な栄養素が不足していることを身体が訴えている状態です。

うし君
ということはやっぱりちゃんと3食食べた方がいいのかな…??

調べた中では3食規則正しく食べた方がいいというよりは、
お腹が空いたときに食べることが勧められていました。

そもそも朝起きてすぐに、炭水化物が多量に含まれた朝食を食べると、
急な血糖値の上昇によって却って疲労感や倦怠感を覚える可能性もあるようです。

朝食後にダルさを覚えるような方は、
むしろ朝食を摂らない方が良いかもしれませんね。

それぞれの人に合った食事のリズムで、
お腹が空いたときに必要な量だけ食べるというのがダイエットには大切です。

グリコーゲンが不足する

うし君
グリコーゲン??って………なに??
厳密には違うみたいだけど、糖質のことだと思って大丈夫

グリコーゲンを糖質であると考えると、
糖質制限している人はみんなグリコーゲンが不足していることになります。

糖質(グリコーゲン)を制限しているんだから当然ですね。
今回の話だとグリコーゲンが不足することが問題とされています。

ですが、糖質制限している人は日常的にグリコーゲンが不足しているにも関わらず、
疲労感や倦怠感に悩まされているという話は聞きません。

なぜなら、糖質を制限している人がエネルギーとして消費しているのは、
ブドウ糖ではなくケトン体だからです。

ケトン体の関連記事はこちら!

痩せやすく太りにくい体にする魔法ケトン体!それってなんなの??

糖質制限やMEC食を実践していると一度は耳にする"ケトン体"。そもそもケトン体とはなんなのか?なにに使われるのか?
改めて勉強するために、調べてまとめてみました。

続きを見る

したがって、
朝食を抜くことによってグリコーゲンが不足しても問題はないと考えられます。

スポンサーリンク

食事のリズムを気にする必要がない理由

食事のリズムを気にする必要がないのはなんでなの??
うし君
それについては糖質制限に関する僕の愛書から紹介させてもらうね
朝は血糖値が低い状態なので、白いご飯やパンなどの炭水化物を大量にとることは、消化に悪く胃腸に負担をかける上に、血糖値の急上昇を招き、その日1日の血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。
肉・卵・チーズで人は生まれ変わる p28より引用)
一説によると、海外ではエジソンがトースターを発明したために、トースターを普及させようと朝食を流行らせたため、1日3食が推進されたそうです。1日3食食べることに、きちんとした医学的根拠はありません。
肉・卵・チーズで人は生まれ変わる p29より引用)
 大いに間食してください。朝昼晩の3食を規則正しく食べることより、ちょこちょこと間食をしておく方が、早食い・食べ過ぎを防げます。
 おなかがすくのは本能なので、我慢することはできません。無理して我慢しても、結局は手っ取り早く炭水化物で空腹を満たすことになるので、太ります。たんぱく質を含む食品の間食をしておくと、次の食事まで腹持ちしてくれます。
(日本人だからこそ「ご飯」を食べるな p230より引用)

上記をまとめた内容がコチラです。

  • 朝から炭水化物は体に対する負担が重い
  • 1日3食食べろという話に医学的な根拠は存在しない
  • 規則正しい食事よりお腹がすいたタイミングで栄養を摂れるものを食べるべき
うし君
規則正しい食生活を意識するよりは、
自分に合った食事の時間を考えることの方が大切なんだね
そうだね。
自分の体質に合っていないのに、無理して朝からご飯を食べたりするのは良くないってことだね

何時に食事を摂っても太らない理由

うし君
夜寝る前に食べても太らないのはなんでなの??
もう一度、僕の愛書の渡辺先生の本から引用させてもらうね
おなかがすいたときはいつでも食べてください。肉・卵・チーズを、ひと口30回かんで食べるのであれば、深夜や寝る前に食べてもOK。みなさんのライフスタイルに合わせることが大切です。規則正しく食べようと無理をすると、早食いや食べ過ぎのもとになります。食事の時間が不規則でも太ることはないので、心配はいりません。
肉・卵・チーズで人は生まれ変わる p52より引用)

つまり、夜寝る前に食べるのが駄目なわけではなく、
糖質が少なく栄養の摂れる肉や卵、チーズなどを自分の時間に合わせて食べることが大切です。

うし君
自分の時間に合わせて食べるっていうのがポイントだね
無理に時間のない朝とかに頑張って食べようとすると、
どうしてもバクバクと急いで食べることに繋がっちゃうからね

食べてから脳が満腹感を覚えるまでには20~30分ほどの時間が掛かりますので、
早食いをしてしまうと必要以上に食べ過ぎてしまうことに繋がります。

うし君
ちなみに夜寝る前に糖質がいっぱい入ってるご飯やパンを食べると……?
それは間違いなく太る!

まとめ

本記事のまとめです
  • 規則正しく食事を摂ることに意味はない
  • 自分に合った食事のリズムを考えることが大切

ダイエットや健康を意識し始めると、
ついつい規則的な食事を必要以上に意識してストレスが溜まってしまいますよね。

感じる必要のないストレスから解放され、
のびのびと気楽な気持ちでダイエットに取り組んでいきましょう!
今回の記事を書くに辺り参考にさせて頂いた書籍はこちらになります。

渡辺先生が書かれた糖質制限に関する本は、
誰でも理解できるように読みやすく書かれているため、

難しそうだからちょっと……

なんて方にも安心して勧めることができる1冊になっています!

今回記事にしたこと以外にも、
糖質制限に関する詳しいことが多くまとめられたおすすめの1冊になっています。

よければ読んでみてください!

糖質制限に関することがもっと深くまでわかるようになりますよ(*´ー`*)
スポンサーリンク

応援よろしくお願いします!(*・ω・*)

応援よろしくお願いします!(*・ω・*)

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット
-, , , ,

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.