勉強 糖質制限ダイエット

人類は遺伝子レベルで穀物に対応できていないって本当なの?

投稿日:2017年7月11日 更新日:

Pocket

こんにちは.
本日で糖質制限90日目になります.
ようやく3ヶ月ですか.ここまで来ると,3桁の大台も近づいて見えますね.
3桁達成すると次は4桁……1000日かぁ.3年先ですか….
3年先になると私の年齢も27と,本当にお腹周りが気に出す頃ですね.
そのときまでMEC食を続けて,今の体型を維持していたい所です.
書いていて思いましたが,今の体型を維持しちゃ駄目ですね(笑)
まだお腹引っ込んでないです!少し出てるんです!
これ本当に引っ込まないんですよね~.
少し"ポコンッ"と出ているというか.座っているときも,ベルトの上に少しタプンとしてる感じです.
彼女曰く,"姿勢が悪いせいではないか"という指摘は受けたのですが……どうなんでしょう.
姿勢のせいなのかなぁ.
結構いろんな人から猫背が酷いという風に言われます.
そういえば,猫背もダイエットの天敵なんでしたっけ….
近いうちにでも猫背と体型について調べてみようと思います.
余談はこの辺りにして,本日のテーマです.
MEC食にしても,糖質制限にしても,その軸となる考え方は,
"人類は肉食動物だから野菜や穀物は人類に適していない.人類に適した肉などを食べることによって健康的なな状態を維持することができる"
このような考え方が根底にあります.
江部康二先生や渡辺信幸先生の著書をお読みになられた方なら,このようなフレーズは何度か見かけていると思います.
ただ,私個人が疑問に思っていることとして,その背景はそもそも正しいのか?ということが挙げられます.
お恥ずかしいことに,単に私が浅い知識しか持っていないだけなのですが,
"人類700万年の歴史の中で濃厚が始まったのはここ1万年である."
本当に? そうなの? という疑問が残ります.
私自身が疑問に思っていることもあって,他の人に糖質制限やMEC食を推奨する際もこの話は中々しづらかったりもするんです.
そしてこのような疑問をなぜ持っているかというと,この話について証拠となるような説明がなされていないためです.
書籍として出版されているのだから,正しい話であるということは間違いないと思われるのですが,どうしてもハッキリと引用がないと疑って掛かってしまう癖があります.
物凄く失礼な話で我ながら恐れ多く…そして面倒くさい性格をしているなと思いますが(苦笑)

人類の歴史

偉そうなことを言っておきながら,参照するのはwikipediaです.
良いんです.自分が納得できればいいので.

生物種としての「人類」というのは、現生種(現在も生きている種)、化石種(すでに化石でしか存在しないもの)の別を問わず「ヒト」という概念に含まれるものの総称だが、どの範囲まで含むかについては多々議論があり、化石種についてもホモ・サピエンス以外のものに関しては現在でも議論が繰り返されている状態にある。
(wikipediaより引用)

昔中学生くらいの頃に習った覚えがありますね.
小学生だったかな……おぼろげな記憶でしかありませんが.
とりあえず"ホモ・サピエンス"というキーワードについて掘り下げます.

ホモ・サピエンス(英語: Homo sapiens、ラテン語で「賢い人間」を意味する)は、現生人類の属する種の学名である。ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)などのすでに絶滅した多くの旧人類もこれに含める。ヒト属の唯一の現存種である。
(wikipediaより引用)

人類と称されているものは,この"ホモ・サピエンス"という種に分類されるようですね.
確かに参考にさせていただいている書籍中でも,現存する種は"ホモ・サピエンス"であると明記されています.
では,私が疑問に思っていることである,
"人類は700万年前から存在する"
"人類はここ1万年で農耕を始めるまでは狩猟採集を生業としていた"
これらについて考えていきたいと思います.

人類は700万年前から存在する

得られた情報を基に考えていきます.ただ,全然専門じゃない上にややこしくてよくわかってない所も多々あるので,信頼性に欠けますがご容赦ください.
まず,人類(≒ホモ・サピエンス)は"霊長目"の中のヒトという種に分類されるようです.
それを踏まえた上で

霊長類の進化の歴史は約8500万年前まで遡ることができ、かつては有胎盤類の中でもっとも古い分類群であると考えられていた(現在は他の哺乳類も既にこの頃には分岐が進んでいたことが確認され始めている)
(wikipediaより引用)

ヒトという種であるかどうかはわかりませんが(多分違う),8500万年前から霊長目の歴史は始まっているようです.
ここから,霊長目の中でも様々な種に長い年月を掛けて分岐していることが解説されています.
その中に,ある一文を見つけることができました.

約700万年前にヒト亜族とチンパンジー亜族に分岐したと推定されている。ヒト(=人類)とは、広義にはチンパンジー亜族と分岐したヒト亜族に属する動物の総称であり、狭義には現生の(つまり現在生きている)人類を指す。
(wikipediaより引用)

恐らく,江部先生,渡辺先生が著書の中で述べられている人類の起源に関する話はこれのことではないでしょうか.
正直中身に関しては,ヒト族やらヒト属やらヒト亜族やら色々と似たような言葉が登場していてチンプンカンプンですが….
とりあえず人類を指すときに,ヒト亜族という言葉がしばしば使われるようです.
学者先生の間でも論争が起きているようで,ハッキリとした定義は存在していなさそうですが….
とりあえず,私達人類の起源が700万年前にあるという根拠は見つかりました.
私の中にあったわだかまりが解消されたように感じます.

人類はここ1万年で農耕を始めるまでは狩猟採集を生業としていた

続けて,農耕を始めたのがここ1万年であるというのは本当なのか,ということに関して.
これについては,wikipedia内を"農耕"で調べてみました.

農耕の起源については諸説ある。ハーバード大学、テルアビブ大学とハイファ大学の共同チームは、イスラエルのガリラヤ湖岸で、23,000年前の農耕の痕跡(オオムギ、ライムギ、エンバク、エンメル麦)を発見したと、ニューヨーク・タイムズなどで報道されている。約10000年ほど前には、中国の長江流域で稲作を中心とした農耕が始められていたことが最新の発掘調査で確認されている。
(wikipediaより引用)

おっと……?
実はおよそ2万年前にも農耕の痕跡は見つけられていたようです.
1万年ほど前から始まっているという説も確かにあるようで,恐らく著書の中で述べられている農耕の歴史は後者の方なのでしょう.
また,2万年前の農耕の痕跡が見つかったのが報道されているのは,2015年のことですので,ここ2年ほどの話になります.
私が参考にしている書籍は,先日購入した渡辺先生の"肉・卵・チーズで人は生まれ変わる"を除いてすべて2015年以前出版の物になります.
したがって,農耕の歴史について触れられている書籍が発刊された段階では,1万年前に始まったということで間違いなかったということでしょうか.
つまり,今発見されている最新の情報に置き換えるならば,
"人類の農耕の歴史は700万年のうちの2万年しかない" ,ということになるんですかね.
ただまぁ1万年が2万年に増えたところで,結局人類の長い歴史(700万年)から見ると,
穀物に頼りだしたのは,ほんの最近の話であり,人類は肉食に適している,という見方は揺るがないと思われます.
素人目線による話ではありますが…(笑)
以上より,人類は肉食に適しているという説の背景となる部分の確認を終了しようと思います.
書くだけ書いて,自分だけスッキリしたような感じになっていますが,
あまりに見当はずれな意見を述べているのではないかと,記事を公開する立場として不安になりますね(苦笑)
今回は自分でも気になっていたことについて調べた結果をまとめましたが,
今後はなるべく身の丈に合わない難しい内容の記事は控えようと思います.

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット
-, , ,

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.