勉強 糖質制限ダイエット

糖質制限がおよぼした私の体への影響① "味覚の変化"

投稿日:2017年5月31日 更新日:

Pocket

こんにちは.
本日も糖質制限に関する記事を書いていこうと考えています.
内容としては,昨日の記事内容と関連したものになるんですが,
最近甘い物をどうしても食べたくなる傾向が強いんです.
もしかしたら,
「合成甘味料を使用している製品を食べていることによる副作用なのかな?」
なんて考えていますが,果たしてどうなんでしょう.
ちなみに豆知識なんですが,
合成甘味料の中毒性は麻薬より強いらしいです.
すみません.論拠となる情報源を忘れてしまったので,話半分でお願いします(笑)
中毒性の話について調べているときに見つけたのですが,
合成甘味料を使用することによる副作用がズラズラと出てきます.
昨日挙げた副作用は中毒性や,太りやすい体質になるとかだったと思いますが,
他にも腎機能の低下発癌リスクが高まるなどの指摘がなされているようです.
それだけでなく,合成甘味料の副作用に関しては他にも幾つか挙げられていますので,
また近いうちにでも記事にまとめてみようかと思います.
それではそろそろ本題に入ります.
今回の話はもしかすると,
糖質制限の影響というよりは,合成甘味料の副作用によるものかもしれません
自分の身体のこととはいえ,
正確にどちらが原因であると断定することができないのが,もどかしいですね.
具体的に,私の体に何が起きたかというと
"味の好みが変化しました"
このことに気付いたのは,
MEC食を実践するために卵焼きを食べていたときのことです.
私はおおよそ中学生くらいの頃から
"卵焼きに砂糖は不要!醤油で食べるのがおいしい!"
このように考えておりました.
ちなみにスクランブルエッグならケチャップでも可です.
もちろん,今に至るまで変わってこなかったこの考えに従い,
最初のうちは卵焼きも醤油を少しかけて食べるようにしていました.
(始めた頃はラカントSも常備してなかったので,甘い卵焼きはそもそも作れませんでしたが)
そんな食事に変化が起きたのは,
MEC食を始めてから2,3週間経った頃でしょうか.
"甘い卵焼きが食べたい"
この日から私の味覚は,
"卵焼きは甘く作ったものじゃないと嫌だ!"
このように変化しました.
この変化が,他の食事にも適用されているのかは,
今の段階ではわかりません.
ただ間違いなく,
卵焼きに関しては10年来の味の好みが変化したと言えます.
しかし疑問点として挙がるのは,
・糖質を制限した影響なのか?
・合成甘味料の副作用の影響なのか?

このように原因をはっきりと断定することができません.
ただ,合成甘味料自体は糖質制限を始める前からもずっと摂取し続けてきました.
このことから,糖質制限による影響と言ってしまってもいいのではないか,
このように考えています.
したがって,今回の記事のタイトルには
"糖質制限の体への影響"と書かせて頂きましたが,
もしかしたら糖質制限はまるで関係なくて,見当違いな話の可能性もあります.
以上です.
私が糖質制限を実施していて感じた,体の変化に関する話でした.

おすすめ記事

-勉強, 糖質制限ダイエット
-

Copyright© 半年で12kg痩せ!ゆるダイエッターの糖質制限ダイエット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.